2007年03月12日

白熱の横浜ダービー

1999年の1月1日、天皇杯決勝戦を最後に消滅した横浜フリューゲルスを存続させたいと願ったサポーターたちの熱意により、横浜FCという市民クラブが設立された。
超法規的措置により、JFLからのスタートなった横浜FCは、監督にリトバルスキーを迎え、99年、00年と優勝。J2に昇格する。
そして設立から8年にしてJ1昇格。今年から久々に横浜ダービーが復活した。

フリューゲルスが消滅した頃と比べ、日本サッカーはかなり進歩している。
それはサポーター達にも言えること。
熱気はすごい。

サッカーを楽しむ人がより多くなったのはいいことだが、暴力だけは絶対に排除してもらいたい。
ごく一部の人間の暴力行為が、サッカー界全体に及ぼす影響を考えなければならない。
日本サッカーの誇れる点として、安全なスタジアムを挙げられるように、全てのサッカーファンが協力しなければだめだ。

サッカー観戦記サッカーニュース

タグ:サッカー
posted by サッカー フットサルマニア at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35775363
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 横浜フリューゲルス横浜フリューゲルス(よこはま―、Yokohama Flugels)は、かつて日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟していたプロサッカークラブ。.wikilis{font-size:..
Weblog: サッカーFC事典
Tracked: 2007-08-07 19:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。