2007年04月20日

ベットンのスーパーゴール2

ピボというポジションはサッカーで言えばフォワードなわけで、相手のマークは厳しくなるので個人的には嫌いなポジションだ。
体が大きくないから、相手を背負ってボール受けても自由にプレーできない。
でもベットンのような体持ってたらそりゃピボやりますわ。
左足でしかボール触らないから、右半分でばかりプレーするのだが、それでも強烈。
キープだけじゃなくてテクニックもあるからキレあるドリブルもあるし、フットサル大国ブラジルは底が見えない。

この試合はヨーロッパのファイナルで、ベンフィカと戦った時のスーパーゴール。
相手のゴレイロがかなりがっくりきちゃってるのが印象的。
ベットンの活躍もあってロベージェが見事優勝しております。
相手背負った状態でダブルで股抜いてゴールなんておしゃれったらありゃしない。

フットサルプラス ユーカリが丘E-3フットサル

posted by サッカー フットサルマニア at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | フットサル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39492322
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。