2007年04月29日

グアテマラvsパナマ

グアテマラといえば2000年のフットサルワールドカップの開催地だった国だ。
日本ではあまり知られていない国だが、中米諸国の中では経済が発展した国である。
だからこそワールドカップを開催することができたのだろうが。
開催国であったグアテマラはグループリーグで王者ブラジルと同組みとなり、29点取られるものの、2点を奪うことに成功した。
ブラジル相手に果敢に攻撃を仕掛ける姿勢は素晴らしかった。

パナマも同じく中米の国で、日本ではデリー・バルデス選手が長く活躍していたので、知っている人も少なくないと思う。
この動画を見る限り、かなり点の取り合いですね。
しかし、ゴレイロのポジショニングがかなり怪しい。
なんでこんな点の取られ方するの?というシーンが多かったような。

E-3フットサル

タグ:フットサル
posted by サッカー フットサルマニア at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | フットサル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40332546
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。