2007年01月11日

リケルメ動画

シーズン当初「ビジャレアルは残留が精一杯いのクラブ」などと発言し、ファンやチームメイトの反感を買っていたリケルメ。
ピレスやニハトを補強し、今季はCL枠を狙いにいくんだろうなと思っていたところでこの発言だったので、正直がっかりしました。
今も順位表の真ん中あたりに落ち着いてしまっていますね。
リケルメは代表引退を発表したりと、今は精神的にきついのかもしれません。

ボカにいた頃からプレーは見ていたが、リケルメは足の裏をよく使う印象がある。
トーキックを見せることもあったし、フットサルが体に染みついているなと思わせる選手だ。
ゴールした後に手を耳に当てるポーズは、一時期高原がパクってました。

サッカー観戦記

タグ:サッカー
posted by サッカー フットサルマニア at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2007年01月06日

サッカーの現実

冬の風物詩となっている高校サッカーも準決勝を終え、残すは決勝戦のみとなった。
最近は力のある選手はほとんどJのユースチームに行くようになり、だんだんとレベルの落ちてきている感は否めない大会となってしまっている。
悲しい事実ではあるが、日本のサッカーが確実に進歩していることを表す事実でもある。
サッカーが強い国へ、今年も日本全体のサッカーを盛り上げていこう!


Football Really - video powered by Metacafe

「サッカーの現実」と名付けられたこの動画。
美しいゴールやスーパーゴール、スーパープレーから珍プレーまでを編集し、サッカーではいろんなことがあるんだよ、みたいな内容になっていますね。
最後の乱闘はおもろい。
試合中にあんななめたプレーされたら怒るのはわかるけど、大乱闘にまで発展しちゃって最後には選手が通路に落下してるじゃないですか。
危ないし。

サッカーライフエンジン「E-3」

タグ:サッカー
posted by サッカー フットサルマニア at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年12月20日

メッシ動画

エトーとメッシを欠いたバルサは、世界一のタイトルをまたしても逃してしまった。
クライフさんはさぞお怒りのことでしょう。
インテルナシオナルのほうが明らかに勝ちたい気持ちが上回っていたと思うし、妥当な結果だと思います。
ヨーロッパのタイトなスケジュールから考えると、1週間の日本滞在はかなりの負担になるでしょうね。
なんかうまいことやる方法ないでしょうか。

メッシのキレは凄まじいですね。
ディフェンスが2人いようが3人いようが関係なく突破していってしまう。
緩急のつけ方がうまいし、トップスピードが速いからスピードの変化がものすごい。
あとは得点力が備われば完璧に近づける。
マラドーナさんはよく点を取りましたからね。

フットサルプラス阿佐ヶ谷サッカーライフエンジン「E-3」

タグ:サッカー
posted by サッカー フットサルマニア at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年12月15日

高原2ゴールキター!!

アーヘン戦のハットトリックなど、高原は最近よく点を取っていますね。
ブンデスリーガでは6得点で得点ランキング6位。
HSVにいた頃に取った点の半分くらいをすでに取ったことになる。
水曜日はUEFA杯のトーナメント進出がかかったジーコさんズとの大事な試合で2ゴール!
しかし、スポルトでは放送してなくない?!

2つとも相手ディフェンスの前にトップスピードで入り込んでのゴール。
ストライカーとしての怖さが出てきたかな。
来年3月の日韓戦では先発は確実だろう。
褒めすぎか?

サッカースクールサッカーライフエンジン「E-3」

タグ:サッカー
posted by サッカー フットサルマニア at 10:24 | Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー

2006年12月13日

ユベントスの近況

クラブ創設から過去一回もセリエBに降格したことが無かったユベントスだが、八百長疑惑により今シーズンは初のセリエBでの戦いを強いられることに。
世界中にファンの多いユーベだから日本にも当然ユベンティーノは多い。
だが、今年はユーベの試合を見ることはできなさそうだ。
そうなると特にユーベのファンではないのだが、ちょっと気になってしまう。

この試合は15節のベローナ戦のハイライト。
この試合が終わって11勝4分で首位に立った。勝ち点は-9スタートなんですが、昇格はほぼ間違いないでしょう。
ロマニスタの私としては、ビアンコネロの縦じまを久々に見るとビクビクしますね。
来年はまた違った強さを見せるでしょうね。

サッカースクールサッカーライフエンジン「E-3」

posted by サッカー フットサルマニア at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー

2006年12月10日

ジーコさんとこのサポ達

「日本の敗因はフィジカルの差」と捨て台詞を残し、日本からトルコへと渡ったジーコさん。
そんなの初めからわかってるじゃん!と突っ込んだ人は多いはず。
そんなジーコさんを招聘したクラブはフェネルバフチェ。
トルコではビッグ3のうちの一つ。
現在首位を快走中。こないだは稲本擁するガラタサライにも勝っていました。
そのフェネルバフチェサポはめちゃめちゃあついんです。

サッカーの試合で死者を出してしまうなど、トルコのサッカー熱は昔からもの凄くあつかった。
この動画を見ればそれもなんとなく分かるような気がする。
発炎筒に加えて花火の光が幻想的で、サッカースタジアムの映像には見えないですね。

サッカーライフエンジン「E-3」

タグ:サッカー
posted by サッカー フットサルマニア at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年12月03日

トレーニングキャンプ in Japan

そろそろクラブワールドカップが始まるのだが、ヨーロッパ代表のバルセロナからは、旅行会社による応援ツアーなるものが当然組まれている。
しかし、その額が尋常じゃなく高いらしい。
バルサ応援して東京やら京都やら観光する1週間〜10日くらいのコースが2700ユーロくらいするらしい。
同じ時期にカリブ海の陽気なビーチへのツアーはわずか600ユーロ程度。
そんなんだから極東の島国のことがよく知られていないのも仕方が無い。

このお相撲たちの素晴らしい球捌きはリアルなのか?
最後のペプシの缶がもの凄く小さく見えるのは目の錯覚?

サッカーライフエンジン「E-3」

タグ:サッカー
posted by サッカー フットサルマニア at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年11月28日

トッティのスーパーボレー

今週のヨーロッパではビッグゲームが多かったが、ゴラッソなゴールも数多く見られた。
ロナウジーニョのオーバーヘッドも凄かったが、一番凄かったのはサンプドリア戦のトッティの2点目のゴールだ。
久しぶりに漏れそうなゴールでした。

まず、この角度からシュートしようとは思わない。
しかも斜め後ろからくる浮き球をダイレクトで叩き込もうなんてことは思わない。
ボールをうまくコントロールできるとは思えないし、ピンポイントにコースを狙わなければ入らないからだ。
でも、トッティはだからこそシュートを選択したような気がする。
キーパーはシュートを予測していないからね。

サッカー教室イースリーフットサル

タグ:サッカー
posted by サッカー フットサルマニア at 01:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。