2006年11月23日

高校サッカー県予選決勝戦

先週末にほとんどの県で選手権の決勝戦が行われ、出場校がほぼ出そろった。
最近は実力のある選手がJクラブのユースに流れることが多くなり、高校サッカーのレベルがじわじわ落ちつつある。
だがやはり高校生にしてみれば、国立の舞台でサッカーをすることは憧れであり、選手権の舞台は最高のステージだ。
多くの感動があるこの大会は今後もぜひ盛り上がっていってもらいたい。

今回の動画は数ある決勝戦の中から最もあついと思われるシーン。
福岡県の決勝戦、東福岡vs九州国際大付属の試合。
九州国際大付属が1点リードで迎えたロスタイム、ゴールライン5M前くらいで東福岡に間接フリーキックが与えられる。
さてどうなる!?

サッカースクールイースリーフットサル

タグ:サッカー
posted by サッカー フットサルマニア at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年11月20日

サインプレー

フットサルではフリーキックを直接叩き込むのは難しいので、サインプレーでゴールを狙うことが多い。
ゴール狭いからね。五人で守られるとね…
でもなかなかうまくはいかないもんです。

この動画に出てくるゴールはどれもうまくはまったサインプレーですね。
これは気持ちいいだろうな。
でもサインプレーを実戦ではあまり見かけない。
もっとやればいいのに思うのだが。

イースリーフットサル

タグ:サッカー
posted by サッカー フットサルマニア at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年11月06日

セビージャキター

リーガのチームでは個人的にはセルタが好き。モストボイとカルピンがいた頃のチームが好きだった。
ルイス・エンリケがいた頃のバルサも好きだったけど。
でも今はセビージャが気になって仕方がない。
今年のオフには日本に遠征に来て、新潟から6点取ったりだの爆発して帰って行った。
その後スペインスーパーカップでバルサに3-0と完勝。しかも放映権を売らないときた。

今はようやく放映権問題が片付き、テレビ放送も開始されたようだ。
噂によるとものすごい攻撃的なチームらしい。
前線からプレスはかけまくり、攻撃では両サイドがFWと並ぶような高さまで位置取り、トップ下とサイドバックを合わせると7人で攻めてる時もあるとかないとか。
確かにこの動画でもペナルティエリア内にめっちゃ人がいる。
ついに首位ですよ。

サッカースクールフットサル大会

posted by サッカー フットサルマニア at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー

2006年11月05日

プレミアリーグ10年間のベストゴールTOP10

およそ120年前に初めて創設されたサッカーのリーグ「フットボールリーグ」が、現在のプレミアリーグに名称が変わったのは1992年のこと。
今ではプレミアリーグという名称が定着しているが、この名称は意外と新しい。
そして、FAがプレミアリーグ10周年を記念して、その10年間のベストゴールをみんなで投票して決めようとした。それがこの動画。
10ゴールをFA側がチョイスし、一般ピーポーからの投票を集めた。

1発目のシアラー先生のゴールはらしさがあふれてますね。
この人はこんなゴールばかり決めていたよ。
個人的には、ベルカンプがニューカッスル戦で決めたものがNO.1。
この人は浮き球の扱いがものすごくうまかった。トラップで魅せられる数少ないプレーヤーの一人。
二人とも昨シーズンまでで引退してしまったのが切ない。

フットサルショップE-3フットサル

posted by サッカー フットサルマニア at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年11月04日

ドリームチームで対決

ウイニングイレブンのマスターリーグでは、ドリームチームを作ってその中に自分を入れてる人も多いはず。
まさに「夢」なんだけど、油帝国ではあながち夢とも言えないのがすごい。
お金で選手を集めることが批判されているけど、うらやましいからそんなことを言ってしまうのかもしれない。
お金で選手を集めようが、面白いサッカーさえ見せてくれればそれでいい。
チェルシーは利益を度外視しているみたいだしね。

この動画はadidasのCM。
子供が順番に好きな選手を取り合ってチームを作って対決するというストーリー。
子供の頃よく順番に友達を取り合ってチーム作ってサッカーやったよね。なんかあの頃を思い出してしまった。
ジダンが「プラティニ」って耳打ちするシーンが面白い。どちらもフランスが生んだ較べることのできないくらい凄い選手。
デフォーがキーパーってのはつっこみ待ちか?

サッカー教室フットサル大会

タグ:サッカー
posted by サッカー フットサルマニア at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年10月25日

股抜きテクニック

先週末の試合で中村俊輔が相手を二人引き付けて股抜きした時、観客はどっと沸いていた。
セルティックを応援してる人達にとっては痛快な瞬間だったんだろう。
股を抜く技は華麗なテクニックだからね。
やられたほうはたまらなくむかつくんだけどね。


The Panna Show (1 of 8) - video powered by Metacafe

アドリアーノの股抜きは凄い。キーパーを抜いた後にカバーに入ったディフェンスの股をマルセイユルーレット気味に抜いている。これは確か2年前のチャンピオンズリーグでのプレイ。
レドンドが魅せたマンチェスター戦での股抜きからのアシストもかっこいい。普段あまり見たこと無いプレーだったから、かなり印象に残っている。
リケルメの股抜きもうまいね。

自分が今まで体験した股抜きの中では、SHARKSのリカルド・沖村選手の股抜きがダントツ凄かった。
ボールを左右に動かされているうちに大股広げさせられてしまう。背中にぴったり付いても横に移動するモーションで縦に股抜きされたり、「魔術師」なんて呼ばれ方も納得してしまった。

E-3フットサルフットサル大会

posted by サッカー フットサルマニア at 12:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー

2006年10月21日

ゴールキーパー珍プレー動画

ユーロ予選のクロアチア対イングランド戦で、ギャリー・ネビルのバックパスをロビンソンが空振りしてオウンゴールというイングランドの人達にとってはしゃれにならない珍プレーが起きてしまった。
ゴールキーパーへのバックパスは枠を外せと教えられるはずなんですが…
めったに見れないから珍プレーなんですが、意外と多いんですね。

このゴールキーパー珍プレー集には、シュマイケルやブッフォンといった超一流プレイヤーも入ってますね。
彼らもまた神ではない。こんなプレーもするということだ。
2年位前の柏のGK南の珍プレーもしっかり入ってますね。
あんなプレーも先人達が何人かいることが驚きだ。
最後の人なんて完全にうけ狙いだろ

ジュニアサッカースクールE-3フットサル

posted by サッカー フットサルマニア at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年10月18日

決勝戦でのゴール

私の今までのサッカー人生の中で、「決勝戦」というものを経験したことはない。
勝者と敗者の差がどれほど大きいのかは、実際に経験してみなければわからないことだろう。
民間のフットサル大会の決勝戦くらいのレベルなら経験はあるけど、公式戦とは比べ物にならないだろうし。

今は大会そのものが廃止されたのだが、20世紀のヨーロッパには「カップウィナーズカップ」というUEFA主催の大会があった。
これはその名のとおり、カップ戦の優勝チームが出てくる大会であった。
このゴールは94-95シーズンのカップウィナーズカップの決勝戦のもの。
1-1で迎えた延長後半ロスタイムに見事なロングシュートを決めて、サラゴサが優勝した。アーセナルのキーパーはシーマンか?
こんなシュート決められたら茫然とするよね。

サッカー教室フットサル大会

posted by サッカー フットサルマニア at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。