2009年02月04日

オーストラリア代表 ティム・ケーヒル

ワールドカップ予選の大一番オーストラリア戦を2月11日に控えた日本代表。今日は宿敵サッカールーの要注意選手ティモシー・ジョエル・ケーヒルの動画を集めてみました。

MFとしてプレーすることが多いが、その持ち味はゴール前での嗅覚。1997年からミルウォールでプレーし、いまやプレミアの中堅どころ、エバートンのキープレーヤでありポイントゲッターでもある。2008年ワールドカップでは、日本代表を相手に2得点した。 コーナーフラッグにパンチをするパフォーマンスを覚えている方も多いのでは。

ゴール集

こっちのほうが画質がよいかな?

チェルシー戦でのバイシクル

posted by サッカー フットサルマニア at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年02月03日

先週末のお気に入りのゴール

レアルマドリッドの重鎮デスティファーのをしてチームで唯一楽しめる選手ロッベンのゴール。

フェルナンドとーレスのヘディングゴル、 絶妙のクロスボールに対して動きながらニアでぴったり合わせる動きが美しい。

毎週点取ってるような気がするメッシの右足でのゴル。 空中で足をかけられているのに転ばないボディバランスはさすが。 スペインではエル・プルガ(ノミ)ってあだ名がついてるみたい。 クラウディオロペスはシラミだったけね。 センス有るネーミングだけど日本語ではありえない感じがするな。

posted by サッカー フットサルマニア at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年02月02日

ノルウェーでブレークしろよ!小林大悟 

大宮アルディージャの小林大吾選手の2008年ノルウェーリーグ覇者、スタバエクIFへの移籍が発表された。

東京ベルディーから大宮に移籍する契約の際、海外オファーを優先する条項を折り込んでいた静岡出身のテクニシャンタイプのミッドフィルダー。当初から海外志向が強かったようだが、日本代表を目指すのにも望ましい挑戦のように思える。大宮にいるよりは…

北欧出身選手の登竜門的な位置づけのノルウェーリーグは、ローゼンボリの一強というイメージがあるが、昨季はスタバリエクが初優勝。チャンピオンズリーグや、ウエファカップで大悟の活躍する姿が見れるかもしれない。

プレー動画をどうぞ。

多少かぶってるけど06−07シーズンのゴール集

タグ:海外組
posted by サッカー フットサルマニア at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年01月30日

オーストラリア代表 最新試合

先日、アジアカップ予選で岡田ジャパンがバーレーンに敗北した裏では、オーストラリア代表がインドネシア代表と引き分けていた。

2月11日にワールドカップ予選で日本代表と対戦するライバル・オーストラリアも日本と同様に、国内組と国外組の格差、召集問題を抱えているようで、背番号80番台の選手もチラホラ。11日の戦いでは、海外組も召集されるだろうから、結果はあまり参考にならないのかな。

それよりも驚いたのは、完全に格下と思われるインドネシア代表。ショートパスを繋いで、ディフェンスラインの裏を就くスタイルは非常に日本的というかガンバ大阪的。非常に親近感の持てるサッカースタイルで、二軍とはいえ強豪オーストラリアを相手に何度もチャンスを作る姿には驚いた。アジアサッカーの底上げは着実に進んでるんだなと。

タグ:W杯予選
posted by サッカー フットサルマニア at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年01月29日

バーレーン1-0日本代表 失点シーン動画

昨晩深夜に日本のTV放送は無しにひっそりと行われた、アジアカップ2011カタール予選。
海外組みは代表での実績の無い本田と稲本の二人だけ、実質国内組みと呼べる布陣で、アウェーの戦いに挑んだ岡田ジャポン。
前節と同様に相手FKからのクロスボールにアッサリと合わされて失点。
って、コレは明らかに狙われてる形ですよね。

ジーコ時代の国内組みのショボさを更に感じるこのごろ。
海外組って言ってもレギュラー取ってる選手も少ないし。お先真っ暗だよ。

あぁー、オシムだけが希望だったのに… 希望が希望のまま終わったのは逆に幸せなのかな。


はい、それでは定番化しつつある失点シーンをどうぞ

失礼、貼れないみたいなんで、リンクにとんで下さいあせあせ(飛び散る汗)

http://jp.youtube.com/watch?v=HxGrxpy0fzY
タグ:日本代表
posted by サッカー フットサルマニア at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年01月28日

マンチェスターUが首位浮上 ロナウド2得点

昨晩、プレミアリーグの試合が行われ、遂にマンUがリバプールを押さえて、首位に立った。
クラブワールドカップなどの過密日程とけが人の多発を乗り越えての首位奪還し、新戦力のベルバトフがフィットし、スコールズ、ギグスなどベテラン勢の復調、そしてCロナウドが得点を量産、更に上昇気流に乗りつつある赤い悪魔。
ルーニーが復帰したそれこそ磐石。
現地メディアは早くも今期のプレミアリーグの結果を半ば確信している様子。

ウェストブロミッチ0-5マンチェスターU

0-1 Berbatov

0-2 Tevez

0-3 N.Vidic

0-4 C. Ronaldo

0-5 C. Ronaldo

posted by サッカー フットサルマニア at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年01月26日

週末のナイスゴールをピックアップ

先ずはべッカムのゴールでスタート。
MAN-U時代にはこういうゴールをよく決めてたよね。



ミラン残留を決めたカカも2ゴール。
コレは美しい連携だぁ。



FAカップよりバラックのゴール。
いかにも英国的なダイレクトなゴール。



FAからもう一つパブリチェンコのヘッド。



リバプールはジェラードとトーレスのコンビが復活したようです。



最後は毎週お祭り騒ぎという噂のスペインの港町より
エトー、メッシ、アンリ揃い踏み。




posted by サッカー フットサルマニア at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2009年01月23日

アーセナルの救世主になれるか? アルシャービン動画

EURO2008のロシアの躍進と共に未だ記憶に新しい、サンクトペテルブルグに所属する小型FWアンドレイ アルシャービン。

この冬の移籍期間でアーセナル行きが噂されている。
アルシャビンとアーセナルでは合意に達しているみたいなので、最近話題のロシアのガス会社を母体にするサンクトペテルブルグとアーセナルのクラブ同士の合意が鍵となりそう。
童顔な印象だけど、もう27歳、ヨーロッパのビッグクラブに移籍するにはこのタイミングが最後かもしれない。どうにか実現して欲しいものだ。

アンドレィアルシャービンのプレー集

posted by サッカー フットサルマニア at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。